TOP  >  新着情報  >  高額療養費制度の改正について

新着情報

2014.12.04 高額療養費制度の改正について

高額療養費制度の改正が、2015年1月に行われますので、高額療養制度の改正内容についてご案内します。

1.高額療養制度とは

高額療養制度とは、重い病気などで病院に長期入院したり、治療が長引く場合には、医療費の自己負担額が高額となります。そこで、家計の負担を軽減できるように医療機関や薬局の窓口で支払った額が、月の初めから終わりまで一定額(自己負担限度額)を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度として、高額療養費制度があります。
ただし、入院時の食事療養や生活療養、差額ベッド代等の特別料金、歯科材料における特別料金、先進医療の先進技術部分など、保険外の自己負担額は対象外となります。

2.改正内容

改正内容は、70歳未満の「所得区分」で、医療費の負担能力に応じた見直しが目的で、自己負担限度額も細分化されます。改正前と改正後の所得区分と自己負担限度額は以下のようになります。尚、70歳以上の方に関する改正はありません。

[改正前]
所得区分 限度額
上位所得者
(標準報酬月額53万円以上)
150,000円+(医療費-500,000円)×1%
一般所得者(上位所得・低所得者以外) 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
低所得者(住民税非課税) 35,400円
[改正後]
所得区分 限度額
標準報酬月額83万円以上 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
標準報酬月額53万〜79万円 167,400円+(医療費-558,000円)×1%
標準報酬月額28万〜50万円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
標準報酬月額26万円以下 57,600円
低所得者(住民税非課税) 35,400円
参考例

医療費50万円、標準報酬月額26万円の場合
*医療費は窓口支払額15万円(3割)と健康保険給付分35万円(7割)の合計額

[改正前]

自己負担限度額=80,100円+(500,000円-267,000円)×1%=82,430円
超過分払い戻し額=150,000円(窓口支払額)-82,430円=67,570円

[改正後]

自己負担限度額=57,600円
超過分払い戻し額=150,000(窓口支払額)-57,600円=92,400円

今回の改正により、現在の「上位所得」「一般所得」「低所得」の3区分から、収入に応じた5区分へと細かく改正されます。住民税非課税の低所得層は変わらないものの、それ以外の低・中所得層の負担軽減と、高所得層の負担増加が明確に打ち出された改正となります。