TOP  >  新着情報  >  地震補償について

新着情報

2016.04.21 地震補償について

熊本で4月14日と16日に発生した地震は、熊本県内を中心に大きな被害をもたらしています。
鹿児島県内では、幸い今回発生した地震での大きな被害は起こっていないようですが、隣県でこのような震災が起こると、他人事とは思えません。
そこで今回は、火災保険や自動車保険、傷害保険、生命保険の地震補償についてご案内します。

1.火災保険について

火災保険では、「地震保険」または「地震危険補償特約」をセットされていない地震危険については、次の「地震火災費用保険金」だけが支払の対象となります。

*「地震火災費用保険金」

地震・噴火またはこれらによる津波を直接または間接の原因とする火災により以下のいずれかに該当する場合に保険金額の5%を地震火災費用保険金として支払います。ただし1回の事故につき1敷地内ごとに300万円を限度とします。

  1. 保険の対象が建物の場合
    建物が半焼以上
  2. 保険の対象が家財の場合
    家財が全焼または、収容する建物が半焼以上
  3. 保険の対象が設備・什器等または商品・製品等の場合
    収容する建物が半焼以上

以上のように支払の条件や支払い額が限定的という点で、地震火災費用保険金は、地震によってお客様が被り得る損害に対して十分な補償とはなりません。
そこで地震による損害を補償するためには「地震保険」または「地震危険補償特約」が必要となります。
「地震保険」と「地震危険補償特約」の内容については以下のとおりとなります。

●地震保険(居住用建物対象)
(1)補償対象

居住用建物と生活用動産(家財)が対象
店舗や事務所でも住居として使用しているいわゆる併用住宅も対象

*工場、店舗、事務所専用の建物など住居として使用されない建物には、地震保険は契約できません。(地震危険補償特約が対象

(2)支払対象の損害

地震・噴火・津波を直接または間接の原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害を補償

(3)契約方法、契約金額
  1. 火災保険とセットで契約
  2. 地震保険の契約金額は、火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で決める。ただし、建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度額となる。
(4)保険金の支払い

居住用建物、家財について生じた損害の程度によって「全損」、「半損」、「一部損」に区別される。「全損」の場合は契約金額の全額、「半損」の場合は契約金額の50%、「一部損」の場合は契約金額の5%が支払われる。

(5)1回の地震等による総支払限度額

11.3兆円(平成28年4月現在)
*関東大震災クラスの大地震が発生しても保険金の支払いに支障がないよう設定されています。

(6)年間保険料例(保険金額100万円 鹿児島県の場合)

木造建物の場合  1,060円
マンション、鉄骨建物の場合  650円
*保険料は、建物の構造及び所在地(都道府県)により異なります。
また建物の免震・耐震性能に応じた割引制度があります。

●地震危険補償特約(事業専用建物対象)
(1)補償対象

地震保険の対象とならない工場、店舗、事務所専用の建物と設備・什器等、商品・製品等が対象
*居住用建物および家財は対象外(地震保険が対象

(2)支払対象の損害

地震・噴火・津波によって生じた火災・損壊・埋没・流失による損害を補償。

(3)保険料について

保険の対象の所在地や壊れやすさ等の危険度、保険価額、支払限度 額、免責金額などにより保険料が異なるため事前申告が必要となります。

□申告項目例
  1. 現在加入中の火災保険の契約内容
    • 保険価額、保険金額等
  2. 保険の対象となる物件の危険度に関する情報
    • 保険の対象(「建物」「設備・什器等」「商品・製品等」)
    • 保険の対象の所在地
    • 保険の対象となる建物または保険の対象を収容する建物の構造、用法、物件種別、建築年
    • 保険の対象に動産を含む場合にはその動産の種類

*申告の結果地震危険補償特約をセットできない場合があります。

2.自動車保険について

自動車保険では、地震・噴火・津波により自動車に損害を受けた場合、車両保険を付けていても補償されません。
地震による車の損害を補償するためには、車両保険とあわせて地震・噴火・津波「車両損害」特約をセットする必要があります。

3.傷害保険について

傷害保険では、地震・噴火・津波によって生じた傷害に対して保険金は支払われません。
これらの天災危険を補償するためには、「天災危険補償特約」をセットする必要があります。

4.生命保険について

生命保険では、一般的に災害関係特約については約款上に、地震等による災害関係保険金・給付金を削減したり支払わない場合がある旨規定されていますが、今回の熊本地震についてはこれを適用せず災害関係保険金・給付金を全額お支払することを生命保険各社決定しております。

以上のように地震により被災した場合、加入している保険の内容によっては、損害を被っても補償されないケースもあるため加入内容をチェックしておくことをお勧めいたします。
当社では火災保険、自動車保険、傷害保険、生命保険等、各種保険取り扱っております。
保険の見直し、お申込みの際には下記のご連絡先までぜひご一報下さい。

【ご連絡先】
株式会社 保険企画カワイダ
鹿児島市薬師2丁目5番22号
TEL 099-253-4405   FAX 099-253-4425