TOP  >  新着情報  >  梅雨時期の健康対策

新着情報

2012.06.18 梅雨時期の健康対策

梅雨の時期となりました。毎年の事とはいえ、ジメジメとした日が続くのは嫌なものですね。 今回は梅雨時期の健康的な過ごし方のポイントをご案内いたします。

1.カビ対策

カビの胞子はアレルギー性の疾患(鼻炎・喘息・皮膚炎など)を引き起こす可能性があります。
特にカビが好む梅雨時期は、こまめな対策が必要です。
カビへの対策は発生条件をできるだけ断つことです。
湿度、有機物、酸素をコントロールして、カビが発生しにくい環境で過ごすようにすることです。

  • 湿度のコントロール(除湿)
    カビが好むのは湿度70%以上なので、エアコンや除湿機により除湿しましょう。
  • 有機物のコントロール(掃除)
    食べ物のカス等有機物はカビにとっての栄養源となりますので、できできるだけこまめに掃除しましょう。
  • 酸素のコントロール(換気)
    タンスや押し入れなどの収納場所は物を詰め込み過ぎないようにしましょう。浴室・キッチン・トイレも換気が重要です。折に触れ通気性を気にする事が大事です。風通しの悪い部屋なら、扇風機が役立ちます。

2.快眠対策(体温のコントロール)

寝苦しい夜ともなれば、待っているのは睡眠不足。疲労が取れず、血圧も血糖も調節できなくなり、高血圧や糖尿病の原因ともなります。
さらに自律神経も狂い体温調整にも影響し、熱中症にかかりやすくなります。
私たちの体温は、昼高く、夜は低くなるリズムで調節されています。しかし寝室の温度や湿度が高いとこの調節がうまくいかず、寝苦しくなることがあります。梅雨時期は湿度が高いため、注意が必要です。快眠のため、室温は26度前後、湿度はおよそ50~60%を保ちます。
そして、もう一つの快眠のポイントは寝具作りです。晴れた日に布団をこまめに干すことや、マットレスを表裏取替えながら使うなど、日々気をつけていれば、それだけでも随分違います。スノコなどを使って布団を床に直敷きしないことも湿気やホコリ対策の工夫の一つです。

これからジメジメとして不快な日が続きますが以上のポイントも参考にしていただき体調を崩すことなくお過ごしください。

保険企画カワイダでは生命保険を取り扱いしておりますので、現在ご加入の生命保険に関しての見直しやご相談も無料で行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

【連 絡 先】
TEL 099-253-4405 / FAX 099-253-4425