TOP  >  新着情報  >  煽り(あおり)運転の対処・対策方法について

新着情報

2017.11.07 煽り(あおり)運転の対処・対策方法について

前方車両に対する嫌がらせ行為の一種である「煽り運転」は、場合によっては重大な交通事故を引き起こす危険もある、法律に違反する行為です。その罰則は重く、懲役刑にも科せられます。そこで今回は、あおり運転の定義や罰則、その対処方法についてご案内します。

煽り(あおり)運転は迷惑極まりない危険行為!

みなさんは、煽り(あおり)運転を受けたことはありますか?
法定速度を守るスピードが比較的遅い車などに対し、執拗に車間距離を詰めるなどして嫌がらせをする「煽り運転」は、死亡事故にも繋がる「迷惑極まりない危険行為」であり、同時に法律違反です。
2017年6月、東名高速にて煽り運転による死亡事故が起きました。
煽り運転の末に被害者の車を停止させ、そこに後続のトラックが追突するという痛ましい事故は大きな話題となり、そこから煽り運転の摘発が頻繁に報道されるようになりました。
この事故の加害者への逮捕状は「過失運転致死傷罪」となっていますが、専門家からは殺人罪として扱うべきだという声も上がっています。

煽り(あおり)運転の定義とは?

あおり運転(煽り運転)とは、他の車に対する嫌がらせ運転のことです。
例として、以下の行為があおり運転に該当します。

  • 前方車両に対して、衝突するような距離まで車間詰め、道を譲るよう強要する。
  • 前方車両を猛スピードで追い回す。
  • ハイビームやパッシング、クラクション、幅寄せ等の行為で他車を威嚇する。

以上のような脅し行為のほか、慰謝料などの賠償金を狙って故意に事故を起こす「当たり屋」も煽り運転と一括りにされています。
ドライバーが軽率にこのような行動を取ったことにより、煽られた車が事故に遭うことはもちろん、第三者が巻き込まれ二次災害となっているケースも多々見られています。

煽り(あおり)運転は危険!道交法違反です

次々と摘発されている煽り運転ですが、相手がけがを負ってしまったり死亡してしまった場合、道路交通法26条によって車間距離保持義務違反となります。
煽り運転は立派な犯罪なのです。

道路交通法26条「車間距離の保持」

(車間距離の保持)
第二六条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。
出典:道路交通法

煽り(あおり)運転の対処・対策方法

煽り運転をされた場合、相手にせず道を譲るのが一番の対処方法です。
下手に煽り返したりするのは、トラブルの原因にもなるのでやめましょう。
道を譲ってもしつこく煽ってくる場合は、徹底的に無視しましょう。
狭い一本道で、道を譲ることができない場合も同様です。
最後の手段は、動画撮影です。

あおり運転をしてくる車を撮影することで、事故が起きた場合の証拠映像になり、「警察に訴え出る用意があるぞ」ということを相手に示して、威嚇する効果もあります。
ただ、撮影しながらの運転は危険運転になってしまうので、この方法が使えるのは同乗者がいる場合かドラレコを設置している場合のみになりますので注意してください。
一般的に、車種によって煽り運転の被害に遭う頻度は大きく変わってくると言われています。
トラックのような大きな車や高級車といった、自分の車がぶつかったら危ない車に対しては気が引けて煽り運転をしなくなるというのは確かに納得が行きますね。
かなり強引ですが、あおり運転を防ぎたい場合、威圧感のある大きな高級車に乗るというのも手かもしれません。
煽り運転対策のためにわざわざ高級車なんて…と思いますので、上述のドライブレコーダー、もしくはダミーカメラを設置するという手もあります。
実際には撮影していなくても「カメラで撮影しているぞ、証拠は映っているぞ」ということを周囲に示すことで、あおり運転を躊躇させる効果が期待できるのです。
合わせて「カメラ撮影中」や「赤ちゃんが乗っています」といったステッカーも貼っておけば、その効果は更に大きくなるでしょう。

煽り運転車を急ブレーキで追突させたらどうなる?

煽り運転をしてくる車が急ブレーキを掛けた前方の車に追突した場合、後方車は一定の車間距離を保つ義務があるので、100%相手の過失となります。
ただし、故意に急ブレーキを掛けて追突させた場合は前方の車にも過失が生じます。
その場合でもあおり運転をしてくる方に問題があると見なされ、過失割合は自車より相手側の方が大きくなるようです。

煽り運転から逃げるために超過速度で走行すると?

煽り運転から逃れるために、超過速度で走行してしまおうと考えたこともあるでしょう。
しかし、煽られた車がハイスピードで走行したために事故になってしまった事例もあります。
後続車に煽られ逃げ出したくなっても、冷静さを保ち無視を決め込みましょう。

煽り運転の被害にあったらすぐに通報するべき?通報前の注意点は?

煽り運転に遭遇し、トラブルになったら無理に自分で対応・解決しようとせず警察に通報することをおすすめします。
警察に通報するときは、以下のことに注意しましょう。

  • ■ かならず十分な距離を取り、安全な場所に停車する。
  • ■ 警察に状況を正確に伝えるために、実際のトラブルの状況、相手のナンバーや車種、進行方向をしっかりと記憶しておく。
  • ■ 状況によっては相手が車を降車し、文句を言いに来ることもあるので、ドアはしっかりロックする。
  • ■ 相手に脅されたり、挑発されたりしても決して外に出ない。(むやみに会話を試みれば相手のペースに乗せられ、不利な状況になったり、最悪の場合暴力沙汰に発展することも考えられます。)

前述したように、煽り運転は「違法行為」です。
相手の言い分を無視して、警察の到着を待っても何も問題はありません。
なにより「落ち着いて」警察が来るのを待って下さい。

煽り運転の罰則安全な車間距離を保たなければ煽り運転に該当!

車間距離を極端に詰めるあおり運転は、明確な道路交通法違反です。
道路交通法26条によって、ドライバーは車間距離の保持が義務付けられているので、違反した場合、以下の罰則が科せられます。

■ 高速道路での違反
  • 3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金
  • 1万円、1万5千円、2万円の反則金
  • 違反点数2点
■ 一般道路での違反
  • 5万円以下の罰金
  • 6千円、8千円、1万円の反則金
  • 違反点数1点

煽り運転での事故は罰則が重い!

あおり運転によって交通事故を起こし、相手を死傷させてしまった場合には、危険運転致死傷罪が適用され、以下の罰則が科せられます。

  • 負傷事故で最長15年以下の懲役
  • 死亡事故で最長20年以下の懲役(場合により最長30年以下にも!)
  • 違反点数45~62点、免許取り消し、欠格期間5~8年の行政処分

非常に重い罰則ですが、被害者やその家族からしてみれば、僅か10~15年で加害者が開放されるということに到底納得はできないはずです。
軽い気持ちで行ったあおり運転が、多くの人から大切な物を奪ってしまう事になり兼ねないので、絶対にあおり運転はしないようにしましょう。

譲り合いの心を持って、安全運転をしよう

あおり運転の定義とその罰則についていかがでしたでしょうか?
煽り運転は、する方もされる方にもメリットは一切ありません。
煽り人は心に余裕が無く、あおられた方は嫌な気持ちしかしないからです。
トラブルや重大な事故にも繋がるあおり運転は、百害あって一利なしなので、例え前方の車が遅くても、絶対にあおらないようにしましょう。

当社では、自動車保険や火災保険、傷害保険等各種保険を取り扱っておりますので保険に関するご相談等ございましたらお気軽にお問合せください。

【お問合せ先】
鹿児島市薬師2丁目5番22号  TEL 099-253-4405   FAX 099-253-4425